日曜日の練習

6月4日(日)


朝から友人を関空まで見送りに行きました。

別に見送りに行かなくても良かったんやけど、仕事(採蜜)の予定がなくなったので、
「それなら走らねば!」
と、言う訳のわからん理由で、リュックを背負ってお見送り~

関空から電車に乗ってどこで降りて何キロ走るか考える・・・・
電車が動き出した・・・

りんくうタウンから家→27キロ

通過

泉佐野から家→26キロ

通過

貝塚から家→22キロ

通過

いつなったら走るねん(*`Д´)ノ!!!


岸和田から家→18キロ

降りた(笑)



諦めてここから走り出すことに。



走り出すと諦めもついて、「走り足らんかったら浜寺公園1周追加しよ!」とか考えてる。

競輪場も過ぎ忠岡町消防本部のわらべの消防士。



泉大津にさしかかろうとした瞬間、前からジム仲間だたったくにちゃん登場!Σ( ̄□ ̄;)

聞けば隠岐の島100キロ走るねんて!

それで最近走ってないから不安で家から岸和田折り返しの40キロ走るって!

マジで?

くにちゃんと言えば、師匠と同い年で、私より10歳上。

よく頑張るけど、どうしてもミネラル不足になって、脚がつる。
それだけならいいけど、極度の脱水症状でぶっ倒れる!

真冬のレースでも脱水で倒れて頭打って意識なくなって入院とか・・・

だから、水飲め水飲め!言いながら走ったりしてた。

なのに、ひとりでこのくそ暑い国道を走ってるなんて心配で~・・・

思わず「ほな、私も一緒に岸和田まで戻って走るわ!」

言うてしもた(笑)


久し振りで色々話ながら楽しく走れて、私は8キロプラスされて~。

途中のコンビニでおにぎり食べて順調に来てたけど、くにちゃん30キロ(私20キロ)過ぎたあたりからスピード落ちだして、喉が乾きだした。

信号とかでこまめに給水してるけど、明らかに飲む量が増えてきた。

コンビニで私がトイレに行き、くにちゃん水買って、走り出すと?

ピクピクし出したらしい。

堺駅を過ぎてペースを落として走るけど、どーもヤバそう。
水を飲む量が益々増える。

私はあんまり水分とらん方やけど、走ってる途中で脚がツルこともない。
この間、泉州マラソンで更衣室で悶絶したのが初めてやったし。


そして、ついにに(笑)

動けなくなる!


何とかかんとか、約1.5キロを30分以上かけてうちのお店まで到着して止まった瞬間?

恐ろしいほど痙攣しだした。

店頭で「痛い痛いΣ(>Д<)」と叫びながら動けない。

初めてそんな光景をみたスタッフはビックリして大慌てしてる横で爆笑する私。

だって、笑うしかないもん。


汗がボタボタ落ちて、「み、水ちょーだい!」とか細い声。


伸ばしてあげたら~とか言うけどなかなか触られへんで?そやし、自分が痙攣したときも触られたくなかったし。

お店のまんまん中で絶叫するから何とか引っ張り込んで座らす




そんなこんなが20分以上続き、少しずつ楽になってきたところでふくらはぎを伸ばしてあげた。

30分後、やっと歩けるようになったところで大和川まで一緒に歩いて解散。


そのまま風呂入って仕事しようかと思ったけど、ビール飲んで551食べて寝たわ。


はよ寝なこの日うちの母親が、三山ひろしの新歌舞伎座公演見に行ってて
超良かったらしく激烈に喋り出すので避難したのです。


結局私は行ったり来たり送ったりで28キロ(笑)
えー練習になりました。


おわり。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する