ミツバチ産業科学研究会

2月4日(土)

京都産業大学が進めているミツバチ産業科学研究会に参加しました。


前日から京都に泊まり掛けで、遠くから来られた養蜂家さん5人と食事をしました。


朝10時から18時まで耐えました(笑)




何より、シーズン前にたくさんの養蜂家さんに会えたのも嬉しかったね。


今回、はちみつの品評会もあり、何を隠そう審査員でした(^_^;)

私が審査したのは百花蜜とニホンミツバチの蜂蜜。

こんなにいっぱい!


これを全部食べて順位をつけていきました。

ここ何年かは「色が悪いから」とか「味がイマイチやから」とかで
値段を下げて買うことが難しい状態で、蜜そのものの価値があやふやなご時世・・・

久しぶりにゆっくり味わいながら

「あー桜が少し混ざってるね~」

「あー私の好きなソヨゴの花がメインやなぁ~」

「ハゼやなぁ~」「モチやなぁ~」

など、どんな人がどんな場所で採ったのかなぁ~?って想像しながら楽しみました。

そして、表彰状授与の大役も(笑)



次回28日にも参加しなければなりません。

三代目の会社の工場が移転する準備や、三代目が何と!社長に就任したことで、
暫く京都に行く事が多くなるのです。


泉州マラソンまで、あと13日!Σ( ̄□ ̄;)


おわり。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する