れんげ蜜のお話



久しぶりに採れたれんげ蜜ですが、同じれんげ蜜でも、採れた地域、日付、お天気、
それに養蜂家さんの技術など色々な条件が重なって、写真のような色の違いが出ます。
(写真は今年採れたれんげ蜜です。)

かと言ってそれぞれはキッチリれんげ蜜の味がするんですよ!

色の違いで仕入れる値段も違います。
きれいな色の蜜ばかりビン詰めするわけにもいけませんので、最低限の色合いになるように、それぞれを大きなロットで均一化します。

誰の蜜がきれい!だれの蜜が色がある・・・など私も三代目もそれぞれの花の蜜ごとにすべて覚えています。
それが買い付けする時の値付け基準ですし、それが私達の仕事でもあります。

それをあの人の蜜を1缶、この人の蜜を2缶とか頭の中でシュミレーションして決めます。

出来上がった蜜の色と味を見て又二人で話し合いをして配合を変えたりもします。

結構難しいんですよ。年間通して同じ基準の蜂蜜を販売するのは。
最後にいい蜜だけ、悪い蜜だけが残らないようにするのがね~



今年はこのれんげ蜜の花粉の量を大学の先生に調べて頂ける事になりました。

色のキレイな蜜が花粉の量が多いのか?
色がある蜜には他に近くで咲いてる花があるのか?
など、養蜂家さんと一緒に色々楽しみに結果を待っています。


ちょっと真面目なお話でした~


おわり。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する