S状結腸癌 外科を受診

6月11日(木)

先日6月8日に外科を受診してきました。
病院と言うのは面倒で、内視鏡の手術は内科、腹腔鏡や開腹手術は外科なので再度受診し直し。
そのまま入院してとっとと外科的手術で取ってくれればいいのに・・・。

で、先生がこの間の内視鏡ESDでの手術出来なかった画像を見ながら説明してくれた。
「内視鏡で取れると判断して行いましたが、予想より少し大きく深そうなので外科で取り除く事になります。」

しかし、問題は・・・

そう、地元の人ならわかるやろうけど、この市立堺病院6月いっぱいで移転して、新たに7月から
堺市立総合医療センターとして生まれ変わるのです。
なので、先生は

「手術は7月に入ってからになります」

「えっ?7月まで放っておいても大丈夫なんですか?」って尋ねると・・・

「初期のガンなのでそんなすぐには進行しないですよ。」

「しょ・初期なんですね?」

心の中で飛び跳ねながらちょっと嬉しかった~
実際の所は切ってみて確認しないとわからないのですが、先生の「見た目」ではまだ初期の段階らしい。

それで、7月に入ったら手術するのに、すっかり開腹手術と思い込んでいたけどなんと!
腹腔鏡手術で大丈夫と言われた!開腹に比べると復帰は早い!傷口も小さい。

でも念のため周りのリンパ節も切り取るらしい。

なので図のような水色の扇状に切除するみたいです。
20150611112907085.jpg
大腸も結構切るね・・・。

次回17日に注腸と言ってお尻からバリウムを入れて検査するみたい・・・
その後23日は造影剤を入れてCTを撮るみたい・・・
その後の診察で手術日が決まるようです。

新しい病院で嬉しいけど、家から遠くなるので家族が来るのに大変やね。
ま、上手くいけば1週間の入院やし、術後もそんなに(去年より)大変そうじゃないのでえ~か・・・。

とは言え、リンパ節を取ってみないと転移の範囲がわからないので不安ですね。

そんな事を考えながら励ましてくれる仲間と飲んでばっかりやけど・・・

まぁ~え~か!

おわり。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する