久し振りの激坂

5月14日(日)


全く休みがとれないこの時期、ましてや日曜日に何も用事のない日が出来た!

もちろん店に行けば色々仕事は出来るけど、久し振りにゆっくり走りたい。

誰か一緒に練習してくれないか探したら?

「もみまき」があるからアカンと言われた。

なんやねん?「もみまき」て?聞いたら

もみまきとは、田植えの苗床作ることらしい。

51歳で勉強した(笑)


なので師匠に連絡してみた。
北海道マラソンの件で色々話せなあかんかったし、久し振りに顔見たかったし!

そしたら、環状線の玉造駅から生駒超えて奈良駅行こか?
ってことで、朝8時玉造駅。

今里から東大阪向いて激烈弾丸トーク炸裂(笑)

暫く走ると花園ラグビー場に到着。

何かやってるのか?えらい人が多い。
ちょっと寄ってみたら、スゴいキレイな野球のグランドあって、公園あって。

広場ではフリーマーケットやら、何かのイベントやら。

野球場では体格のいい人が練習してて、そこに子どもが混じってて。

何してるか聞いてみるとオリックスバファローズの2軍の練習やった。




誰かはわからんけど、プロ野球選手やったのです。
子供達は目の前でプロの練習を見て、参加させてもらって、いい経験してるなぁー

後で調べたら中日ドラゴンズとの試合やったみたい。


又戻って走り出す。生駒が近づいてきた。

師匠は先週も生駒走ったらしい。
ボルダーを3時間走。走力違う仲間で行って1時間半の時点で引き返すらしい。
なかなか面白いなぁーと話ながら、今度は車で来てそうしよう!と。

でも、よく考えたら車やと飲めないので脚下!

そうこうしてたら枚岡神社に着いて、謎の308号線を走る。

激坂に息も絶え絶え。

仕方なく歩く。

これをゆっくりでも走りながら行きたいね!とか話ながらダダ歩き。


これ、国道。そして、暑い


暗峠のすえひろでビール飲みたい!
すでに13キロで脚がパンパン。

山藤がキレイ


到着!


「何か食べよう!」って言うてるのに「食べたいもんない!」言うから出発。

下ります。

ここからはずーっと下りと思ったけど、そうではなかった・・・


小刻みにアップダウンを繰り返してかなりしんどい!

足湯があった



めんどくさいのでパス!
何がめんどくさいのかと言うと靴下脱いで又履く事らしい。

さすが師匠なのです。



「水虫の人とかおるからいややわ!」

とも言っていた(爆)


あかしあの花が満開を過ぎて散りはじめてた。





ミツバチは来てなかった。

「はちみちゃんは花ばっかり見てるなー」

言われたわ(笑) はちみつ屋やからなぁ~。


人里離れた山の中をひたすら走ってたらお腹が空いて空いて・・・・
すでに1時、5時間も動いてるし、食べたのは小さなアップルパイとハニーアクション!

餓死寸前~

「すえひろでおでん食べてたらよかったー」言うし!私はカレーうどん食べる気満々やったのに。

そーしたら、山の中に突然、「パン308」って看板。
ダッシュで行くとパン屋さんやった!

なんで?こんなところに?パン屋?って感じやったけと、食べ物にありつけて必死!


引き出しの中にあるパンをとる珍しいパン屋


薪がいっぱい積んであり、自家製の釜で焼いてる






もう6年くらいやってるらしい。
ご主人は家具屋さんやて!

「しかしパン308ってなんやろ?308円か思たわー」言う師匠に


「308号線やからやろが!(*`Д´)ノ!!!」

大爆笑!


そらそーやわなーひたすら山の中やし

これが国道やもんなぁー


たらふく食べて生き返った



少し広い道で街中?っぽいところで国道らしくなってきたので走りやすくなり
下りを軽快に師匠をブッチぎって走ってたら・・・ロスト(泣)


南生駒から2キロも下ってしまったので、泣く泣く上るハメになる。

後で地図を見たら、この辺は奈良の養蜂家さんの蜂場がいっぱいあるとこやった。

308号線にもどり走り出すも、もう限界。
師匠に奈良は諦めて、ここからワープして富雄駅ゴールにしませんか?

と聞くと、仕方なさそうにOKでた!
いや、多分喜んでたのは師匠やと思う。

ワープで迷い混んだ近大農学部


そして、無事に3時前に富雄駅到着!30キロ。
駅前のお好み&たこ焼屋で宴会(笑)

生ビール1杯、酎ハイ2杯飲んでフラフラ。

出張帰りの睡眠不足での山の30キロはキツい(^_^;)))

眠たくて飲むのもしんどい。

電車で眠いから寝る!言うてもアカン言われて起こされる。
元気やな、師匠は。

お風呂入る用意持ってきたのに入らず解散。
家帰って、風呂入って7時に寝た\(^o^)/


久し振りに師匠との特訓は相変わらず楽しかった。
一緒に走る北海道マラソンまで3ヵ月間、又時間を合わせて特訓します。

師匠は20年前、北海道マラソンの関門に引っ掛かり収容バスに乗せられたので
20年目のリベンジに燃えている。

私は4年前の記録を更新出来るか?


51歳と61歳のバトルは続くのでしたー!



おわり。



関連記事